グローバルナビ

SNS/HP連動システム「ウェンディ」

デジタルサイネージにワンソース、マルチユースを実現できます。

FacebookやTwitterなどの投稿や、ホームページの記事をサイネージのコンテンツとして放映できます。

当社が開発したゲートウェイシステム「WeNDY(ウェンディ)」をご利用いただくことで、SNSやホームページの更新情報を自動取得して、あらかじめ設定したテンプレートに流し込み、サイネージ用のコンテンツを生成することができます。

SNSやホームページを簡単にサイネージに利用できます!

用意する素材は1つだけ

1つの素材(ワンソース)をさまざまな媒体に使用(マルチユース)することを実現し、販促業務の負荷を大幅に軽減します。また、サイネージに放映することで、鮮度のある情報を迅速に広く告知することができます。

アニメーション放映で訴求力が向上

情報を流し込むコンテンツのテンプレートは、静止画だけでなく、FlashやHTML5にすることでアニメーションを流すことも可能です。

放映したい記事だけを配信可能

NGワードやハッシュタグを設定して、出したい記事だけをサイネージに配信することができます。また、記事の文末に日時を記載することで、その日時になったら自動的に該当する記事のみをサイネージ放映から外すことも可能です。

事前審査機能でミスを抑止

記事が更新されるとあらかじめ設定したメールアドレスに確認メールが配信されます。担当者様が確認を行ったうえで、サイネージに配信するかどうかを決められる事前審査機能の利用が可能です。

実績紹介

デジタルサイネージ関連サービスの実績紹介

実績紹介を見る

お問い合わせ

デジタルサイネージ関連サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム